よくある質問

MaxavaはIBM i向けにビジネスの継続を協力にサポートする世界水準のレプリケーション製品を提供します。弊社製品の品質およびサポートは、様々な環境下において高いクオリティを必要とするクライアントからも非常に高い評価を受けています

質問に対する回答が見つかりませんか?質問をご連絡いただければ、よくある質問セクションに追加させていただきます。

質問を送信する

テクニカルサポートが必要な場合はどうすればいいですか?

ぜひ弊社のテクニカルサポートチームにお問い合わせください。Maxavaメンテナンス契約を結んでいるお客様に24時間年中無休サポートを提供しています。  緊急のMaxava HAコードの問題が発生している方は、現地サポートの電話番号におかけください。そうでない場合は、チームに電子メールをお送りください。詳細を見る

IBM i Maxava HA環境(Maxavaソフトウェアメンテナンス対象外)の技術サポートが必要な場合は、Maxavaテクニカルサービスがお手伝いします。

Maxava HAにはどのような書類が付属していますか?

Maxavaは、ジャーナリング、リモートジャーナリングセットアップ、Maxava HAのインストール、セットアップと実行に関連する様々な題材のドキュメントを提供します。

  • Maxava HAインストールおよびクイックステップガイド
  • Maxava HA操作ガイド
  • Maxava HA GUIガイド
  • Maxava HA日常運用ガイド

完全システムバックアップ用のMaxava HAターゲットシステムをテープに使用できますか?

はい。Maxava HA Suiteを使用してターゲットシステムにデータを複製する場合は、複製されたMaxava HAデータおよびオブジェクトのテープバックアップにIBMシステムストレージテープドライブまたはライブラリの1つを使用できます。検討中のテープドライブがIBM i Systemの構成と互換性があるかどうかについては、IBMにお問い合わせください。

  • IBM System Storage Enterpriseテープ3592サブシステム
  • IBM System Storage Enterpriseテープライブラリ3590/3494
  • IBM System Storage Enterpriseテープライブラリ3592/3494
  • IBM System Storage TS1120テープ
  • IBM System Storage TS3100テープライブラリ
  • IBM System Storage TS3200テープライブラリ
  • IM System Storage TS3310テープライブラリ
  • IBM System Storage TS3400テープライブラリ
  • IBM System Storage TS3500テープライブラリ
  • IBM System Storage UltraScalableテープライブラリ3584
  • IBM System Storage Ultrium Scalableテープライブラリ3583
  • IBM System Storage Ultriumテープオートローダー3581
  • IBM System Storage Ultriumデープドライブ3580
  • IBM System Storage Ultriumテープライブラリ3582

Maxava HA Enterpriseライセンスの購入を検討しているのですが、Maxavaのサイトで購入画面が見つかりません。

Maxava HA EnterpriseはMaxavaが以前に販売していた製品です。 新規のお客様が購入することはできません。 すでにMaxava HA Enterpriseソフトウェアをご利用のお客様は、追加のライセンスを購入することができます。  詳細は弊社までお問い合わせください。

いくつライセンスが必要ですか?

Maxava HA Enterprise +またはMaxava HA SMBを実行するマシンごとにライセンスが必要です。つまり、ほとんどの場合は、マシン1台につき2つのライセンスが必要です。

Maxava HAデータストリームは一方向性データレプリケーション製品であり、ライセンスはターゲットのシステムでのみ必要になります。

Maxavaはいつ創設されましたか?

M2000年にIBMの元従業員4人により設立されたのがMaxavaの始まりです。弊社は、IBM i市場向けの新しいソフトウェア群を開発し、大規模なワークロードと高いトランザクションレートの処理が求められるインフラ系企業に向けて、高可用性・災害復旧ソリューションを開発し、それを提供する機会を見出しました。

サポートチームはどこにいますか?

Maxavaは世界中で24時間年中無休のサポートチームを配置しています。スタッフは米国、英国、日本、そしてニュージーランドに勤務しています。

Maxavaビジネスパートナー/販売店になるにはどうすればいいですか?

喜んでご相談を受け付けます!  申請書に必要事項を記入するか、最寄りのMaxava営業担当者に連絡するか、パートナーページで詳細を確認してください。

当社のP05をP10にアップグレードすることを検討しているのですが、コストはいくらかかりますか?

SP05とP10の製品コスト差額のみお支払いいただきます。Maxavaはアップグレードに追加料金を課しません。保守コストはその内容に応じて変わります。アップグレードを支援するテクニカルサービスが必要な場合も、弊社がお手伝いします。貴社のプランをお伝えいただければ、その要件に沿った見積もりをお出しします。

Maxava HAはリモートジャーナリングを使用していますか?

はい。Maxavaはリモートジャーナリングが最も効率的なデータ転送方法であると考え、Maxava HAソフトウェアに選びました。

事前事後イメージ比較を用意していますか?

はい。事前事後のイメージ確認は、大きなメリットを提供するMaxava HAの主要機能の1つです。これにより、各記録の更新と削除のリアルタイム監査チェックが可能になり、データの問題が検出され、自動制御による修復が可能になります。ほとんどの場合、ストレージまたは帯域幅要件が大幅に増加することはありません。事後イメージのみ使用することもできますが、これは推奨されません。

システムはどの程度Maxava HAのシステムの影響を受けますか?

Maxava HAは、ソースシステム上で必要な容量が最小になるように設計されています。

バックアップシステムで必要なレプリケーションの作業量の多くを引き受けることでこれを実現します。ソースシステム上のMaxava HAコアの動的レプリケーションアクティビティの大半は、独立して実行されているジョブを持つ必要がなく、MAXSYS常駐コマンドの実行中に効率化されます。システム監査機能とジョブを有効にして実行する必要はなく、ソースシステム上でワークロードが少なく、管理ソフトウェアでこうしたジョブを検査する必要がありません。また、フェールオーバーまたはロールスワップの時間的制約が厳しい状況で、停止および開始する必要があるジョブの数を最小限に抑えるという利点もあります。

システム上でMaxava HAを監視するにはどうすればよいですか?

Maxava HAには、複数のシステムと構成のモニタリングと構成を可能にする基幹インタフェースとしてGUIが用意されています。代替手段として、「TUI」と呼ばれるグリーンスクリーンもあります。

さらに、MaxavaはmaxViewを作成し、これを使用すれば遠隔地にあるウェブデバイスやスマートフォンから、いつでもどこでもMaxava HAと主要なIBM iシステムリソース情報にアクセスできます。Maxava HAには多様なmaxViewバージョンが付属しており、これは選択した製品に依存します。

疑似ロールスワップ(SRS)とは何ですか?

疑似ロールスワップ(SRS)は、貴社のDRプランをテストするためのダウンタイムが許されない場合に、バックアップシステムを一時的にシミュレートされたテスト用プライマリシステムに切り替えることが可能な、Maxava HA Enterprise +の機能です。プライマリシステムには、ライブ本番として影響が及びません。 ビデオを視聴する

クラウドはどうなりますか?

axavaは、クラウドがお客様のHA/DRニーズに適した選択肢であるかどうか評価する支援をします。 ぜひ貴社のクラウドオプションを弊社にご相談ください。

なぜIBM iを運用する顧客はクラウドDRを選択するのですか?

  • セカンダリハードウェアサーバーの資本コストをなくすことが目的であり、特にセカンダリサーバーを効果的にリースすることを意図しています
  • 共有型データセンターリソースの紹介
  • サポートプロバイダー提供の完全管理型IBM i災害復旧および高可用性
  • 毎月のお支払いスケジュール
  • RPOおよびRTO用SLA
  • 簡単セットアップ、管理型ロールスワップ
  • 定期ロールスプテスト

Maxava HAの管理にはどれくらいの時間がかかりますか?

Maxava HA製品の日常点検は1日に数分もかかりません。また、Maxava Managed Servicesオプションもあります。弊社が貴社のシステム監視を担当します。