疑似ロールスワップ

疑似ロールスワップはMaxava HA Enterprise+ の機能で、プライマリシステムがライブ製品の影響を受けることなく、バックアップシステムを一時的にシミュレートしてテスト用のプライマリシステムにすることができます。

(ビデオ視聴に問題がある場合は、こちらをクリックしてください)

DRプランをテストするためのダウンタイムを許容できませんか?

擬似ロールスワップは、完全なロールスワップまたはフェールオーバーを実行することなく、バックアップシステム上のアプリケーションをテストする機能を提供します。

  • ポイント・イン・タイムのデータに対してロールスワップをシミュレートする機能
  • バックアップシステム上のアプリケーションのテストを可能にする
  • 特定の時点におけるデータの整合性チェックを可能にする
  • バックアップシステムの更新を一時停止および中断する

次の場合に疑似ロールスワップを使用します:

  • 完全なロールスワップをまだ完了していない
  • 24時間年中無休で利用可能なアプリケーションが必要だが、ライブの完全なロールスワップを実行するための本番環境のダウンタイムを計画することが困難である
  • 本番環境を停止せずにバックアップのデータをテストして検証したい
  • ライブロールスワップに備えるための手順を実行したい
  • ユーザーをバックアップシステムに移動させずにバックアップシステムをテストしたい

疑似ロールスワップを使用すると、本番システムはアクティブなままでターゲットシステムのアプリケーションと機能をテストできます。これにより、ライブロールスワップを計画して実行する際、ターゲット環境を必ず新しいプロダクションとして実行できます。

疑似ロールスワップはMaxava HA Enterprise+ に含まれます

 

技術インサイト資料

技術インサイト資料をダウンロードして、HA/DRソリューションを評価する際の重要な考慮事項をお読みください

資料のダウンロード:MAXAVA アーキテクチャ説明

ケーススタディ

Smith Brothers Stores