International Fidelity Insurance Company (日本語翻訳)

2012年アメリカの東海岸地域に巨大なハリケーンが襲来。幸運なことにIFICは、Maxava HA Enterpriseを使用していました。

Ms. BARBARA KISSNER, IFIC CIO and Senior VPIBM Systems Magazine

International Fidelity Insurance Company (IFIC)はアメリカ内50州、グアム、プエルトリコにオフィスを構える、アメリカで最も大きい保険会社の一つです。2012年、アメリカの東海岸地域は巨大なハリケーンに襲われました。激しい風と大波により、何週間にも渡りガス・電気が泊まり、食物不足に見舞われ、多くの家屋やビルが崩壊しました。

当然ながら停電によりビジネスにも悪影響を及ぼし、ニューアーク(ニュージャージー州)に拠点を置くIFICも例外ではなく、別の場所への移動を強いられました。しかしながら幸運なことに、IFICはMaxavaによるDR(災害復旧)ソリューション・Maxava HA Enterpriseを使用していました。Maxavaによる24時間サポートもあり、荒れ狂う嵐の中でさえも、IFICは営業し続けることができました。

災害時は、DRソフトウェアの導入・テストを担当したMaxavaの技術スタッフに電話をしました。彼は迅速にIFICのITスタッフにフェールオバーを行なうようパスワードを伝え、数時間で作業は完了しました。

IFICの毎日のトランザクションはバックアップシステムへリアルタイムでレプリケーションしています。仮にIFICが他の多くの会社が行なっているようなテープのみのバックアップを行なっているとしたら、更に多くの時間を費やし、テープを届ける移動さえも困難だったでしょう。